含鉄泉

鉄を含む刺激の強い泉質、わいたときは透明だが空気に触れることでさび色に変色するので
『赤湯』とも呼ばれている

皮膚からは吸収されない。

含鉄泉の条件
鉄(Ⅱ)イオン、鉄(Ⅲ)イオンを合計で20㎎/kg以上を含む

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加